Warning: Declaration of c2c_ConfigureSMTP::options_page_description() should be compatible with C2C_Plugin_023::options_page_description($localized_heading_text = '') in /home/ikis/www/ikis.jp/wp/wp-content/plugins/configure-smtp/configure-smtp.php on line 171
レポート | 地域密着のインターネット集客
ホームページ、携帯メルマガで、地域密着インターネット集客。 平塚市、海老名市、厚木市、伊勢原市、綾瀬市、茅ヶ崎市、小田原市

レポート

  • HOME »
  • レポート

レポート

レポート1:地域密着ビジネスこそ、ネットマーケティングが最適!

あなたの会社にはホームページがあるでしょうか?そして、成果は出ているでしょうか?
「ホームページは作ったものの、受注が取れずにあきらめた」
という方もいるでしょうし、
「ホームページが勝手にお客さんを集めてくれるから、マーケティングはネットだけにした」
という方もいるかもしれません。
いずれにしましても、ネットが最も重要なマーケティングの媒体である時代が来てしまった以上、商店や飲食店などのリアルビジネスの方も、その波に乗らなければなりません。
ただ、通販・情報販売・アフィリエイトなどのネットビジネスとの様々な違いを考え、
「この業界では通用しないのでは…」
と、まだネットでのマーケティングにチャレンジしていない方も多いことと思います。
そこで今回は、リアルビジネスの方がネットに対して抱きがちな誤解をひとつひとつ解いていきましょう。

続きはこちら

レポート2:サイトを複数持つこと・・・

ネットビジネスでは、商品ごとに独立したホームページを持つことが、当たり前になっています。
これは主に、SEO対策のためです。

ホームページに来訪する人は、検索エンジンに自分が欲しいもの、あるいは欲しい情報などの名前を入力しているわけですから、そのキーワードにより特化したホームページを作ることで、上位表示を狙うのです。

さらに、一つの商品について、複数のホームページを作ることもよく行われています。
これには、検索結果の上位に、自社サイトが複数表示さ れることで、アクセス増加を狙うということもありますが、もうひとつ、複数のサイトがお互いにリンクを張りあい、関連サイト間の被リンクを増やすという狙 いがあります。これは、「衛星サイト」と呼ばれるもので、単にリンクを出すためだけに作成されることさえあるのです。

ネットビジネスの世界では、「サイトの数=集客力」という公式が成り立つほどになっているわけですね。

続きはこちら

レポート3:親しみやすさと安心感を売る

リアルビジネスにおいて、ホームページで売るべきものは、商品ではありません。
もちろん、商品を売ることが最終的な目的ではありますが、ホームページで表現することには、商品の良さよりも重要なことがあるのです。
特に地域密着型ビジネスで、お客さんの家に訪問するようなサービスを提供している場合は、商品以外の部分が、そのホームページの反応率を決めると言っても過言ではありません。
では、ホームページで何を表現すればよいのでしょうか?

続きはこちら

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-9696-8526 受付時間 9:00~22:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 【IKIS】あいきす All Rights Reserved.